【テニス】頭脳戦でもある1対1の真剣勝負!

Photo by  christopher-burns  on Unsplash

本日のエッセイ

お付き合いしてる人がテニスをやっていたので、私も初めてでしたがやってみる事にしました。最初はラケットや専用シューズやスポーツ用の洋服を揃えてドキドキしながらいざコートに。
実際にボールを打ってみるととんでもない方向に飛んだりもしてテレビで見るよりも難しいなと言うのが最初の感想でしたが、今はすごく楽しいです。
ボールを打つ時のラケットの面によって飛んでいく方向も変わりますし回転をかけた打ち方を研究したりして、沢山練習をしていて少しずつ上手くなっていくのを実感出来ました。
私は30代で学生の時に運動経験は全くありませんでしたが、これからテニスを初められる方もとてもオススメのスポーツです。ダイエットの為にも沢山動いて、これからももっとテニスを上手くなりたいです。

 

 始めるのに必要なものは?

テニスにはボールの柔らかい軟式と硬い硬式があります。もちろんそれぞれにあったラケットが必要になってきます。よく知られているのは硬式テニスです。硬式はボールが硬いのでラケットの面にしっかりボールを当ててかないと相手のコートまでボールが届きません。またバックハンドは両手で面の裏側を使って打ち返すのでコツが要ります。軟式テニスは中学校などで盛んですね。軟式は球が柔らかいゴムボールなのでカットや回転サーブといったトリッキーな技も試す事ができます。こちらのバックハンドは手首を180度回転して片手で同じ面を使って打ち返します。面の方向がボールと合ってないと明後日の方向にボールが飛んで行ってしまうので意識することが大事ですね。まずはどちらともやってみて自分に合った方を初めて見るのがおすすめです。ラケットとボールはスポーツセンターで自分の手に合ったものをそろえましょう。

 

 

 

 おすすめアプリ:Smart Tennis Sensor

打ち方を録画してフォームの修正などを行うことができます。なかなか自分のフォームのクセを客観的に見ることができないのでこういったアプリは非常に役立ちますね!

 

 まとめ

テニスは学校の部活でも男女ともに人気がありますよね。そろえる道具が少なくてルールも特に難しくもないので誰でも始められます。社会人になると運動できる時間も限られきますがてその点でテニスは効率的に運動ができるスポーツであると言えますね。コートを縦横無尽に駆け抜けるため足周りが鍛えられますし、ラケットで打ち返すスイングは腰から上半身を大きく動かすのでおなか周りの贅肉が落ちて背筋が鍛えられシュッとした体形に変われます。このような効果が期待できるのでぜひテニスやってみてください!本格的にテニスをしたい方は社会人枠のテニス大会で全日本テニス選手権といったものもあるの腕試しで参加してみるといいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す