【マラソン】走りに爽快、心地よさあり!

Photo by ben-stern  on Unsplash

本日のエッセイ

私の趣味はジョギング・マラソンです。学生時代は陸上部に所属しておらず、若い時も特に長距離が得意、という訳ではありませんでした。社会人になり、特に運動をしていなかったので、健康増進を目的に走り始めました。数年前に、事故で左膝の半月板を損傷し、常に鈍痛を抱えた状態ですが、まだ週3回程度、毎回1時間くらい走っています。半月板損傷以降、それ程早く長い距離を走れなくなりましたので、ノンビリと走っています。今年は初めてフルマラソン完走も達成することが出来ました。お医者さんからは「この脚の状態ではフルマラソンは無理。痛くなったらすぐ棄権するように」と言われていました。20km以降、痛みを感じ始めましたが、何とか完走することができ、ゴールでは思わず泣いてしまいました。今は秋の大会に向け、練習をしています。今年もあの素晴らしい達成感を味わいたいです。

 

 始めるのに必要なものは?

ランニングシューズは足のサイズに合ったものを選びましょう。収縮性に優れていてやわらかいシューズが望ましいですね。大会に買ったばかりのシューズで行くよりある程度使い込んでやわらかくなったシューズに方がパフォーマンスを出せるのはマラソン界ではごく当たり前のようです。また長距離走行が主なので、サポーターやテーピングをあらかじめ用意しておくことも安全にマラソンを楽しむ準備になります。水分補給の仕方や体力の配分を意識する勉強をするのもマラソンでは必要な項目ではないでしょうか。とにかくマラソンは特別な達成感を得られる反面、危険も伴うので自制する術、知識が肝心です。万全の態勢で挑みましょう!

 おすすめアプリ:RunKeeper

GPSトラッキング機能で自分の走行ルートを記録することができます。これがあれば走り終わった後の分析にも役立つでしょう。

 

 まとめ

マラソンは最適な有酸素運動で、長距離を走ることが多いのでダイエット効果、体力作りが期待できます。マラソンは市区町村が開催している市民マラソンや民間のマラソン団体に参加することでできますので始めてみたい方は門をたたいてみてはどうでしょう?走りたい方でもマラソンに抵抗ある場合は、まずはランニングから趣味として初めてみることをおすすめします。ウォーキングなども走るコースの下見として気軽に軽運動しながらできるのでおすすめです。30代は健康を意識してくる年代です。なのでそのぐらいの年からランニングやマラソンを始めるといった方が多いです。しかし30代ではすでに基礎体力が低下しているのでできれば20代のうちから走る趣味を身に着けておいて体力維持をしていきたいところですね。体力は結構大事です。風邪に対しての抵抗力もそうですし、日々のストレスにも強くなるので生活に張りが出てきます。体力に自信ない方には特に代わり映えを実感できるのでマラソンおすすめです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す