【仮想通貨】行方はコイントスの表と裏。それでも投げ方は自分で決めれ「る

Photo by  andre-francois on Unsplash

本日のエッセイ

 

私の趣味は仮想通貨取引ですが結果は今のところ芳しくありません。私が仮想通貨の売買を始めたのが非常に遅かったから私の成績があまり芳しくないのかもしれません。なぜならば、ビットコインを初めとする仮想通貨は、仮想通貨取引が始まった時には非常に安価にもかかわらず、今の一枚の仮想通貨の値段はそのときよりも驚くべき高値で推移しているからです。
しかし、仮想通貨がこれから上がるのか下がるのかはわからなくとも、少なくとも仮想通貨はボラティリティが高いので私にとってそれが魅力なので私は仮想通貨を頻繁に取引しています。
多くの仮想通貨の売買が趣味になっている人にも共通していえることだと思うのですが、このようなものはやはりボラティリティが大きのが続くようならばこれからも仮想通貨はおもしろいと思います。

 

 始めるのに必要なものは?

仮想通貨はまだ馴染みのない投資方法なので情報も不確かなものも多く危険を伴いますが、反面可能性を秘めた市場であると思います。ボラリティとは振れ幅のことですね。金融取引ではよく聞く用語です。仮想通貨もFXと同じく短期間で大きく稼げる夢のある投資と言えます。最近は一時期のビットコインを代表するような仮想通貨ブームが落ち着きましたが、まだまだ様々な種類の仮想通貨が存在するので宝探し的なワクワク感はあると思います。

 おすすめアプリ:DMM Bitcoin

 

大手で名の知れたDMMが提供しているビットコインの取引アプリです。もちろん口座の開設は必要になりますが近年問題になった会社の口座にハッキングされてユーザーの預金が抜き取られるといったリスクもある程度回避できます。

 まとめ

仮想通貨は趣味のほかにも副業といった側面もあります。実際ビットコインが注目され始めた数年前から徐々に流行りだし2017年に大流行していました。しかし今は正直下火になっているのが現状です。しかしそれはビットコインなどの大型通貨に倣って、新たな仮想通貨が乱立したのが原因でその影響によって仮想通貨の危険性や儲からないといった声がでてきているようです。個人的にはそういった通貨の信頼性、またお金を預ける口座の信頼性をきちんと見定めることから始まるのだと思います。儲けようと焦るのではなく通貨を発掘するといった趣味として始めれば、誤った情報に飛びついてしまうようなことを防げると思うのでゆっくり気長にやっていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す