SNSの時代の流れとこれから

FaceBook 2004

MIXI 2004

前略プロフィール2004

Ameba

Instagram

LINE

Mogbage

Pinterest

Tumblr

Qzone

Whatsapp

ネットが発達した今、ネットサービスの移り変わりは早いもので、流行しているSNSも変化していますよね。ここで今回はコミュニティの中心になっているSNSの時代の移り変わりとこれからについて考えてみようと思います。

日本でのSNSの普及は2004年からだと記憶しています。この年代は高校生の間で携帯を持つということが当たり前になりつつあり、今は聴きなれませんが当時日本で独特の発展を遂げた携帯をガラパゴス携帯と呼びガラケーと略称されていました。今でいうスマートフォンをスマホというのと似ていますね。この年代ではまだ画面をタッチして操作するという機能に抵抗がある人が多く、アナログキーを入力して掲示板に書き込む流れが主流でした。また掲示板のデザインも今のような良質なデザインと異なり、簡素で十字キーで移動できるようなテキスト主流のデザインのものが多いです。

火種となったのがiPhoneの普及とFaceBookでしょう。写真をアップロードしてコメントをやり取りするという形態とiPhoneの操作性は愛書がよく、当時のiPhoneは写真を高画質で撮れる高機能形態だったのでその影響もありテキストの書き込みベースのSNSから写真でのやり取りベースのSNSが普及し始めました

。現在はInstagramを始めLINEでもタイムラインサービスを始めるなど増えてきていますね。

今後のサービスの流れはおそらく音をベースにした動画などのSNSが流行するのではないかと考えています。今のように動画再生ボタンを押さずとも画面をスライドすることで音が流れる、テキストがなくなり写真から音声が流れるといったようなサービスですね。他にも人工知能の発達から記事の選定が正確になったり、人工知能AIと対話するといったサービスもあるかもしれません。より無駄を省きシームレスなサービスが今後のSNSの形になるであろうと私は考えています。

皆さんはどんなサービスを思い描いていますか?

SNSをどう利用すれば人と繋がれるかを記事にするべき

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す